Make A Trip! trip1544.exblog.jp

旅の思い出あれこれたっくさん!


by viggo_yoyo_1544
プロフィールを見る

2009年8/1(sat) いざ鎌倉 その2 “お茶漬け懐石”

今回、横浜と鎌倉に行く、と横浜在住のBirdちゃんに知らせると
とっても喜んでくれた上色々アドバイスやお世話をして下さいました!

c0077697_1505915.gifBirdちゃん、有難う~!

その1つが鎌倉でのランチのお店の紹介です。

c0077697_094235.jpg「近為」

有名な老舗の漬物店。
お昼は要予約の「お茶漬け懐石」が
これまた有名です。


037.gif「でも・・・“近為”って、京都のお店よね。」と、Birdちゃん。

そうそう、そうなんですよ。
京都に行ったら寄れる時は回り道してでも寄って、買って帰るほどです。
「お茶漬け懐石」も知っていましたが、近くにある時には意外と利用しないものです。

今回は、夜はピノちゃんのご馳走が待っているし、お昼に丁度いいメニューだ!
というので、教えていただて、即!予約完了(爆)035.gif





c0077697_15163640.jpg
ここでまず
「どうぞ手を洗って下さい。」
と言われます。

もちろん、柄杓で水をかけてもらい
清潔なタオルを差し出してもらいます。
いたれりつくせり043.gif



c0077697_17151534.jpg
「お茶漬け懐石」は2階の座敷で
いただきます。
あがり口の所も素敵なしつらえに
してありますね。

本当に昔の民家の造りです。
この奥がトイレです。



c0077697_17194058.jpg
座敷で食べるだけでなく
お武家さんの御膳のようにセッティングされています。
時代劇みたいでおもしろいわ~001.gif


c0077697_1745371.jpg
「まずは無事に到着でかんぱ~い!」

食前酒の“梅ワイン”です。


c0077697_17265951.jpg“瓜のみりん漬寿司”

ひと口サイズの可愛いお寿司。
透き通るように薄く
スライスされていて感心038.gif

手前の“ふきのとう”がこれまた美味しかった!
思わず買ってかえりましょうか、と言ってましたが
よく考えたら、京都でまた買えばいい、と
気づき大笑い003.gif

向こう側のお皿には、“椎茸のうま煮”と
“柚子こぼし(ゆず大根)”が。


c0077697_1747293.jpg
蓋をパカっとあけたらば・・・


c0077697_1748133.jpg
白味噌仕立ての“お雑煮”043.gif

お餅も丸餅。ちゃんと「京風」です。
お餅の上に“辛子”が乗ってあって、ひと味違った風味を楽しめます。


お雑煮を食べ終わる頃、メインのお漬物の盛り合わせと御飯などが運ばれるのですが・・・・・・

c0077697_185872.gif「下にお茶碗とお湯呑みが入ってございますので・・・・・」

c0077697_188211.jpg
おー!ほんとほんと!
038.gif小鉢モノ(切干大根)も一緒です。


c0077697_181117100.jpg
これがワンセット。

お漬物の他に“ちりめん山椒”も。

あと、あさ漬けにはゴマも合います、
という事で、すりごまもついています。



c0077697_18155839.jpg
器も蕪の形037.gif

中央:長いもとおくらのしょうゆ漬け
一番上から時計回りに

みょうがの梅酢漬け・昆布味きゅうり・おばんざい漬け・京なす・瓜・昆布味だいこん 以上“あさ漬け”
たくあん・しば漬け3種 以上“ふか漬け”


c0077697_1826341.jpgおおおおお・・・・・
ホカホカの湯気が立った御飯ですっ!

この“湯気”を写したくって!
ちゃんと見えるかな?


c0077697_18275223.jpg
せっかくのホカホカ御飯ですもの。
まずは、そのままいただきましょう006.gif


c0077697_18302034.jpg
2杯目は、お待たせしました“ぶぶ漬け”でございます。

・・・という事は、2杯、ゴハン食べてるのよね003.gif
白状すると、更にこの後、もう半分食べました。


お漬物は、味が良いのは勿論のこと、素材がどれも適度な歯ごたえと柔らかさが絶妙でした。
お茶漬けだけでお腹はいっぱいにならないだろう、なんて心配は全く無用で
先にお雑煮のお餅も食べていますし、なんせ、2杯半もゴハン食べりゃもう充分やろ(爆)
ほんと、お腹いっぱいになりました。
しかし、物足りないかも、と感じられる方のために、これに“魚の粕漬け”がついたコースもあります。

c0077697_18391783.jpg
デザートは“わらび餅”

これがまた、おいしいっ!
きな粉に黒蜜がかかっているのです。
この甘味系のものは、1階で食べる事ができます。
勿論、買って帰ることもできます。


うーーーん、大満足!
今度また京都に行ったらば、色々買ってしまいそう!

それでは、今度は腹ごなしに「鎌倉散策」と参りましょう。
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-08-12 15:12 | 2009年8/1~8/2 鎌倉・横浜の旅