Make A Trip! trip1544.exblog.jp

旅の思い出あれこれたっくさん!


by viggo_yoyo_1544
プロフィールを見る

7/16(土)「旧白洲邸 武相荘」

c0077697_2216481.jpg

「旧白洲邸 武相荘」

白洲次郎・正子夫婦が昭和18年より晩年まで暮らした場所。







町田は初めてだし、信州からのルートも初めてなので、運転していないアタシは
方角がサッパリわからず

c0077697_18235944.jpgc0077697_18241592.jpg 「(信州から)めちゃめちゃ遠く感じましたワー008.gif

c0077697_18253926.jpg
ようやくこの門にたどり着いた時は
既に閉館間近でした。


c0077697_18333083.jpg

周りは既に今様の住宅地になっているのですが
ここだけは別の時代に来たかのような雰囲気。

ひっそりとしているのですが
奥に向かうにつれ、結構
人がたくさんいて、ちょっとビックリ005.gifしました。


c0077697_18432851.jpg
竹林の遊歩道を抜けると
一番最初の写真のところに出ます。


c0077697_1849325.jpg

家に入る直前には“カフェテラス”が作られていて
愛車だった“ベントレー”が展示されています。


c0077697_1624033.jpg
門脇には当主自らの工作による
“ポスト”が。

白洲氏はDIYがお好きでお得意だったのは
有名なお話。



c0077697_1953131.jpg

この地では農作業にも従事しておられたので
工具や機械類なども。


c0077697_1983819.jpg

かつての母屋がミュージアムとして公開されています。


c0077697_1994883.jpg
何気ないのに風情のある玄関ですねぇ。



c0077697_19115673.jpg

ミュージアムには、白洲夫妻の愛用品が展示されています。
四季折々で展示を変えていらっしゃる模様。

ここから先は撮影禁止なので
覗き込んで見ているアタシを外からパチリ061.gif


c0077697_19174412.jpg

立派な茅葺の屋根。
維持には大変な努力と費用がかかっている事が
サイトを読むとよーくわかります。

入館料が結構高いのですが、その訳もよーくわかります009.gif


c0077697_19224693.jpg

母屋脇の建物は
“レストラン”と“バー・ギャラリー”になっています。


c0077697_19264962.jpg
“バー・ギャラリー”は2階で自由に入れ
その名も「Play Fast」。

名門ゴルフ場の理事長になった白洲氏が
倶楽部の方針第一にかかげた言葉です。

プレイヤーにこれを守らせるため
ご自身も自筆のこの言葉をプリントした
Tシャツを作って倶楽部で着用していたそうです。


c0077697_19401889.jpg
そのTシャツ、ショップにて
ちゃんと売られています。
もちろん今様になっていて
ちゃんとレディースや色んな色もあります。

c0077697_19431823.jpg 「ボク、これ欲しい!」

ゴルフ好きなこの方が買い求めたのも
もちろんの事でございます(爆003.gif


c0077697_19482754.jpg

お話は2階の“バー・ギャラリー”に戻ります。
ここは撮影自由です。
イギリスのパブのような洒落た造り。


c0077697_19545567.jpg

ここには当然この言葉が掲げられています。


c0077697_19563839.jpg
上のボードの説明を読むと
“当初サイン入りにする予定だったが
孫の『カッコ悪い』のひと言でお流れになった”
とありますが
売られているTシャツにはちゃんと
背中に小さくサインが入っています037.gif



c0077697_2025426.jpg

ショップの建物の中には
イベントスペース「能ヶ谷ラウンジ」や
武相荘のメンバーズルームがあります。


白洲次郎・正子夫婦に憧れ、尊敬するファンの方は非常に多く
c0077697_2065988.jpg 私達も会員になるとまではいかないにしても
この施設が近くにあったらたびたび通ってしまうだろうなぁ、と思える魅力的な所でした。


[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2017-03-12 17:56 | 2016年7/15~17上田・松本・東京