Make A Trip! trip1544.exblog.jp

旅の思い出あれこれたっくさん!


by viggo_yoyo_1544
プロフィールを見る

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

下りてきたらば、お土産を探しに街をまた歩きましょう。

c0077697_23303740.jpg
旧市街地の中はアイスクリーム屋さんがたくさんあり
どこもとても繁盛していました。
これは“プラツァ通り”にあるアイスクリーム屋さんで買った
「ヘーゼルナッツ」のアイス。
うむ、まずまず。


ガイドブックに載っているお土産物屋さんにも行ってみました001.gif

ところがなかなか探せなくって

008.gif「おかしいなぁ・・・地図だとこの辺なのに。」

c0077697_23361647.jpgc0077697_23364456.jpg


“プロチェ門”

一番、街の北東にある門です。
左は内門。
右の写真は外門です。
この石橋は15世紀に造られたもの。


c0077697_23394474.jpg
外に出てみました。
ホテルやお店がぽつぽつ建っています。
でも、なかなか自分の探しているお店らしいものは
ありません。



しょうがないのでまた中に入りましたが、どうもさっき

043.gif「ココ、割りと良さげなもの、あるやん049.gif

と言って入っていた店だったようです(爆)


なかなか“クロアチアらしいお土産”が見つかりません。
まだ旅は始まったばかりなので、重くなるもの・かさばるもの・生モノ、は買えないし・・・。

その時“プラツァ通り”に面したお店で見つけたのが「AQUA」というお店。
ドブロヴニクはビーチもあるし、ホテルには必ずプールもあるので
ココのお店はオリジナルのバスタオルやTシャツ、ビーチに持っていくバッグなどが
売られています。

c0077697_234433100.jpg
姪っ子中猿・小猿3匹に買った、ビーサン。
なぁ~~~んて003.gifこれ、ミニチュアです。
すごく精巧によく出来ています。
単なるマスコットかなぁ?と思って聞いてみたらば
「消しゴム」ですって!
このお魚ちゃんの柄がここのオリジナルの柄なのです。


けれども、特にその土地ならでは!という品物でもありません。

そんな時に見つけたモノがこれ!

c0077697_23481270.jpg
マグネット001.gif

右がドブロヴニク、左は明日訪れるスプリットの絵です。

ドブロヴニクはちゃんと城壁の絵が。
同じ絵のメモ用紙も買っちゃおう!006.gif

スプリットの絵は特に特徴はなく、
この同じ絵でドブロヴニクでは“ドブロヴニク”って書いてありました
また、トロギ-ルに行くと、もう地名も入っていません。
やはり、一番力を入れてもらっているドブロヴニク!


ビーチやプールサイドで活躍するグッズを売るお店だけあって
海から離れた街で、このお店を見かける事はありませんでした。

歩き疲れたのでカフ063.gifェでひと休み。

c0077697_18105660.jpg
「グラツカ・カヴァナ」

“市庁舎”の1階にあるカフェ。
ラグーザ共和国時代は評議場としても使われていた、という所らしいです。

オープンテラスもありますが、中のほうが涼しいので中に入りました。


c0077697_1814124.jpgc0077697_1814381.jpg


お菓子類やカフェのスタイルは次に行ったスロヴェニアもそうでしたが
近くのオーストリアの影響を受けている感じです。
こうして「お水」が一緒に銀トレーに乗ってくるスタイルは、まさにそう。

メニューに“ホワイトコーヒー”なるものがあり、面白そうだから注文したのが右。
どこから見ても、ただのカプチーノのような(爆)
ひろんちゃんは“ふつーのコーヒー”003.gif


晩ごはんの前にもう少し歩きます。

c0077697_21561772.jpg
日中“青空市場”が開かれていた
“グンドゥリチェヴ広場”
夕方からは、レストランのテーブルの
パラソルの花が咲きます。


c0077697_21343271.jpg
“旧港”に面したレストラン
「ロカンダ・ペスカリヤ」

このお店は、シーフード料理を
“鉄鍋”で出すのがウリのよう043.gif

なんだかちょっと、韓国っぽい感じで面白いから
壁面広告を撮っておきました。

私達は違うお店でお食事を。




添乗員Tさん、大活躍!
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-25 22:12 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
このツアーの中で一番長い自由時間の始まりです。

観光もさることながら、お土産を買う、などの事もしておかないと
この先どのようになるかが解らないので、積極的に行動しましょう。

まずはなんといっても「城壁に囲まれた旧市街」。
城壁に上って街を1周したいと思いまーす!

c0077697_15224448.jpg
城壁1周巡りの入り口は3ヶ所あるのですが
“ピレ門”から反時計回り、
つまり南の海側を廻っていくのがよい、
という事で、そうする事にしました。
かなり急な細い階段を上っていかなくてはいけません。


c0077697_15401086.jpg
008.gif「ひぃふぅ・・・・・“万里の長城”を歩いた時の事、
思い出すわ・・・・・・!」

ひーひー言いながらもこういう事をしゃべるのは
“関西のおばちゃん”です(041.gif激爆)
同じグループの方ではありませんでしたが。

確かに“万里の長城”は城壁ですものね、
間違ってはいないです。


c0077697_1550463.jpg
だいぶ上まで来た!


c0077697_15521685.jpg
やっと上まで来ました!

暑いし、ここまでだけでもう妙な“達成感”を感じてしまいますが
なんの、これからがスタートです。


c0077697_15533616.jpg
中央の一番高い所、あの辺りもこれから行きます。
あんなとこまで行けるかなぁ・・・・・009.gif


c0077697_1558268.jpg
城壁から見る“プラツァ通り”


c0077697_1654646.jpg

城壁から見た“ロヴリイェナツ要塞”


それでは出発!
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-25 22:11 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
c0077697_185574.jpg
先ほどまで廻った所は“黄緑”の四角のエリア

次は“ピンク”の道を通って、ピレ門から出て、ランチの場所へと移動します。
またメインの“プラツァ通り”の今度は1つ北側の裏道を通ります。


c0077697_18584865.jpg
その前にちゃんと“プラツァ通り”の写真を。
入場した時は本当に混んでいて、すっきりと写真が撮れませんでした。


“プラツァ通り”は昔、海峡だったのです。
南側は小島になっており、ラテン系の民族が、
北側の本土にはスラヴ系の民族が住んでおり、両者の関係が良好になると
ココが埋め立てられて1つになったのです。

ちなみにこのメインストリートの風景は、自室のテレビで観る事が出来ます。

013.gifなんでか?!

c0077697_1924377.jpg
それは“スポンザ宮殿”の鐘楼に
カメラが設置されているから、なのですね006.gif


夜1日の番組が終わると次の朝までの間、ずーーーっとこの風景が流れます。

c0077697_1943048.jpg
こんなん。



どうもあの下から二番目の四角い窓がカメラ位置である模様。

そのメインストリートの様子をずっと観ていると
この白いテントのお店などは、本当に深夜まで店を開け、朝一番に準備し始めるんです。
働きモンだ、と感心して見ておりました。

ヘタな番組観るより、よっぽど面白い003.gif

c0077697_21533871.jpg
この鐘楼の鐘の横には
“鐘を突く男性の像”が2体あります。


c0077697_197170.jpg
話が少しそれましたが、
この北側の裏道はレストラン街にもなっています。
狭い路地に椅子やテーブルを並べます。
勿論、店内の席もあり、そちらは冷房も効いていますが、
風情を感じるには断然、こっちですよね001.gif



c0077697_1985698.jpgc0077697_1993863.jpg


路地とメインストリートは
ほとんどがこの様なこれまた細い路地で結ばれています。
北側は特に全てが坂道となっています。
結構これが急傾斜。
アイスクリーム屋さん、かわいいでしょう?


ランチのお店は「ミモザ」という所です。
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-25 22:10 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
c0077697_2134288.jpg
只今、この青い線を進んでおります。

“るるぶ” より。


青空市場のすぐ近くの“大聖堂”に入ります。
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-25 22:09 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
c0077697_22372283.jpg“フランシスコ会修道院”

ピレ門を入ってすぐの所に建っている
旧市街地きってのメイン教会です。


c0077697_22451176.jpg
入り口はこんなん。

c0077697_224927.jpg


上の紋章。

別に大きな意味は
ないけれど
ちょっとデザインが
よかったので。





左の建物は“救世主教会”。
また別の教会です。



c0077697_0403953.jpg
見どころのひとつがこの“回廊”
ロマネスク様式の美しい回廊です。


c0077697_0434964.jpgc0077697_0441112.jpg


柱の1本1本にも”表情”が。

c0077697_0464367.jpg


c0077697_0495226.jpgc0077697_0501824.jpg


左の写真の塔が教会。
右は、中庭を挟んで向こう側を写しています。

中庭は2つあって、こちら側のみ公開されています。


入り口や最初の回廊の写真からもおわかりかと思いますが
002.gifものすごーーーく混んでおります。
“人を入れずに写真を撮る”って、大変・・・・・!008.gif


c0077697_111439.jpgこの中は“博物館”になっています。

当時修道院は「薬屋」としての役割も果たしており
当時の薬草入れの壷や秤、器具類が
並んでいます。
他には、薬や祈りで病気が治ったと
信者が奉納した宝飾品などが展示されています。

こちらの中は「撮影禁止」なのです。


c0077697_164330.jpg
せめて入り口上だけでも写しましょう。


この隣りに「世界で3番目に古い、クロアチアでは1番古い薬局」があり
現在も営業されています。
無添加のハーブなどをつかった化粧品や石鹸、ハーブティーなどが売られていて、大人気。
私達も是非行きたかったのに

c0077697_1104795.gif

日曜定休!


c0077697_1125179.gif

こんな“かきいれ時”は
無休で営業しといてよーーー!



この辺が、せちがらくない、というのか、商売っ気がない、というのか、融通が利かん、というのか。

すごく楽しみにしていたし色々買いたかったのに、残念無念でした007.gif

c0077697_118276.jpg

c0077697_1182676.jpgフレスコ画などは
特に有名な方の作品ではなく
コチラの修道僧だった方が描いたものだそうです。

放蕩の限りをつくしていたのに
ある日急に神の啓示を受けて
それまでの生活を捨てて
修道僧になった方、なのだとか。


c0077697_1213655.jpg

1667年、ドブロヴニクは大地震に見舞われ
壊滅的な被害を受けました。

多くの建物は様式を変えて(ゴシック・ルネッサンス→バロック)再建された為
街の様子が一変したのです。

この絵は、地震前の街の様子を描いたもの。

ひろんちゃんが人気がなくなるまでガマンしてようやく撮ったのに
ピンボケ050.gif
苦労が報われない写真もこの先いっぱい撮りました077.gif


修道院を出た後は、ランチまでにざっと街をひと回りします。
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-25 22:08 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
c0077697_1565584.gif
どぶろゆっとろ!


クロアチア語で「おはようございます。」を、このように言います。
バスの中での最初の挨拶は毎朝、コレでございました。

こういう外国語は正確にカタカナ表記するのは難しいもの。
これも、ガイドブックなどでは“ドブロユトロ”になっておりますが
現地ガイドさん達の発音を聴くと、ど~も、“ゆっとろ”と、小さな“っ”が入っているように聴こえます。

なので、私も「どぶろゆっとろ!」
ちょっと、つまって発音しましょう001.gif

c0077697_222668.jpgc0077697_225884.jpg


朝食はしっかりいただきましょう。
あちゃ、しまった!
盛り付けがちょっと乱れたね・・・002.gif


朝食のレストランは昨晩のバイキングレストランの所。
味を期待してはいけない、と、もっと思っておくべきでした。

025.gifやっぱりどうも「おいしくない」

まずい、という程じゃないけれど、おいしくない。

ハム類も何だかクセがあるし、スクランブルエッグって、どこで食べても似たような味のハズなのに
ちょっと変わった味。
パン・フルーツなどはまずまずおいしかったですけれど。

一品料理のレストランとは厨房が違うのかも。
あっちはおいしかったもんね~045.gif

海辺のテラス席で気持ちいいのですが、蜂が飛んでましてね。
c0077697_2104421.gif必死に追い払いながらの食事となりました(爆)


c0077697_2125929.jpg
蜂だけでなく鳥も居てます。

これは“ウミネコ”なのかしら?



c0077697_2142473.jpg
この足の曲がり具合が面白い043.gif

鳥の関節って、逆に折れるのね・・・!

初めて知った気が。



集合時間までは、テラス廻りをお散歩。

c0077697_1426258.jpg 昨日の夕方には
きれいに水を抜いてあったプール。

まだ朝早いというのに、もう満々と
水がたたえられてありました。

そして、プールサイドから海辺にかけての
ビーチチェアーには、早や、場所とりの
タオル類が置かれてありました。



最初は、高い所から“アドリア海の真珠”を眺めます。
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-25 22:07 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
機内食を食べているので、夕食といってもそんなに食べられない。

でも、食べないで過ごせるほど満腹な訳でもない。

ここはヨーロッパ。夜は長うございます009.gif

ホテルに着くまでのバスの中でTさんから

064.gif「ホテルのレストランはバイキング形式です。
1人¥4000くらい。
それじゃない方が・・・という方は、(ちょうど通りかかったレストランを指差し)この辺りにレストランがあります。」

008.gifバイキングなんて食べられないよ~。
でも、この辺りってったって、地元のレストランはホテルから遠そうねぇ・・・・・009.gif

c0077697_1402786.jpg
先程のシーサイドバーは
飲み物オンリー。
軽食程度も置いていないので
困ったわぁ~・・・008.gif



とかなんとか言っている内に・・・

c0077697_23542438.jpg
チェックインと“お部屋チェック”をしている間に日没時間となったのですね。

とってもとっても美しかった・・・・・!

あっという間に太陽は058.gif島影の中に隠れてしまいました。


ちょっとホテルの周りを歩いてみましょう。
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-11 09:43 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
ホテルに到着したのはいいのですが、チェックインの手続きに時間がかかるとかで

056.gif「申し訳ありませんが、少しお待ちになって後にロビーに再集合して下さい。」


c0077697_14344086.jpg
水着を着たままの人が結構ウロチョロしています。
どうもすぐ側が海水浴場になっているらしい。

この道を降りて行くといいのね。

016.gif「早速のアドリア海、見たい053.gif見たい!」


c0077697_01996.jpg
わあー・・・・・!


行ってすぐにこの風景。
大感激!

c0077697_14403272.jpg「今日と明日は泳ぐ時間もありますので、よかったら。」と
Tさんに言われていましたが
今から泳ぐにはちょっと肌寒い感じでした。

眺めだけで充分ですよ045.gif

ここはホテルのシーサイドバーです。


040.gif「チェックインが大幅に遅れて皆様をお待たせして申し訳ありません・・・!!!!!」

のんびりゆったりのクロアチア人。
そこへ、イタリア人の大家族がフロントで大人数でおしかけて何やら長時間交渉中だったらしい。
日本なら他のスタッフが来てくれそうなもんですが、ココでは1つの組が終わるまで次は完全お待ち状態。

034.gif「自室に入られたら、バスタオルなどの備品が人数分あるか、お湯はちゃんと出るか、などを
まず点検して下さい。
後から1室ずつ、お部屋に伺いますので。」

Tさんの奮戦はこのあと2時間くらい続いたそうです。

ようやくお部屋の割り当てが出来て自室へと行けることに。
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-11 09:42 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
着陸の際は前方カメラで様子を大きな画面で見せてくれます。

ちょっと「密林」を思わせるような木々の中をだんだん降下していくんです。
すると、ぱぁ~っと前方に滑走路が広がる。
スリルある着陸でした001.gif

c0077697_1559616.jpg「わ~い!着いたわ~!
アタシはココよ~!」

・・・どこ?
自分で自分がわからん003.gif

小さな空港。
戸口につける通路はなく
タラップで降ります。

その方が雰囲気あっていいやん045.gif


降りる前から、添乗員Tさんの手腕が発揮され始めました。

「とても小さな空港です。
これだけのお客様が一斉に降りて手続きされます。
降りたらすぐに前のバスに乗って、出来るだけ早く税関を通られた方がいいと思います。
下手をすると1時間以上かかってしまいますので。」

と、私達のグループ付近を細かく廻って、通達がありました。
c0077697_1661412.jpg果たしてその通り。

結構早くに税関を通ることができた上
比較的早く荷物も出てきたので
私達“2号車グループ”は
早くに空港を出発する事が出来ました。

中にはやっぱり税関を通るのに
ずいぶん待った方々もいたようです。


こうしてTさんの素早い対応で、私達はいつもさっさと行動する事ができました。

さあ!空港の外に出ましょう!
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-11 09:41 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅
お席に着くと、なんとまぁ、通路を挟んで私達のグループの添乗員のTさんとお隣同士でした。

029.gif「あら~。何かありましたら、つっついて下さいネ006.gif

今回、このTさんと言う方の仕事っぷりには、ひろんちゃん共々大いに感心させられました。
年格好は私よりも少し下くらいでしょうか。
あまり年齢が違わないのに、実に実に気働きがあり、頭の回転も速く、最後まで丁寧な応対の出来る方でした。

動きだしてしまえば、あっという間に空の上。

「飛行機を1機チャーターしてツアーを組む」という事は
旅行社にとっても“社運をかけた”とまでは言いませんが、大いにプレッシャーのかかるもの008.gifらしい。
機長挨拶もそこそこに、全責任者である“部長”直々マイクを握り、一生懸命アナウンス、ご挨拶されていました。
この“部長”、現地でも自分のツアー客と見るや、気の毒なくらい、気ィ使うたはりました。

「部長の心053.gif客知らず」

のんびり空の旅を楽しむアタシ達003.gif


c0077697_13425242.jpg今回の飛行機はラッキーな事に
“パーソナルTV”でした。

これがコントローラー。

ゲームも出来るので
ゲームするときは“横”にして
持つようになっています。

おお、ゲーム機と一緒になるやん!


c0077697_13463150.jpg
さらに裏を向ければ
電話にもなるのです。
サイドにカードを入れるスリットが入っており
カードで料金を支払うシステム。

038.gif「かっしこ~!」(賢)

ちょっとカンゲキ016.gif田舎モーーン!



なので、大いに活用いたしましょう。

c0077697_13512375.jpg

「スタートレック」なんか観ちゃったりして003.gif

なかなか面白い映画でした。
若いカークやスポックよりも
ネロasバナ兄とニモイスポックの演技が光るワ~。
カール君も良かった、うんうん045.gif

でも、途中で寝たから2回観た041.gif


他は、早々と、あれ、あれだ、えーーっと、そうそう「Xメン」最新作、やってました。
どーも私はこの映画に興味が持てん050.gif
ひろんちゃんは帰りの飛行機で一生懸命観てましたね。

お楽しみの機内食♪
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-11 09:40 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅