Make A Trip! trip1544.exblog.jp

旅の思い出あれこれたっくさん!


by viggo_yoyo_1544
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2008年11/9(sun) 乾徳山 「恵林寺」

c0077697_23145533.jpg
武田信玄が自ら
“菩提寺”と定めた臨済宗のお寺です。

この手前・左にある石碑には
信玄公の訓言が書かれています。




「およそ軍勝五分を以って上と為し、七分を中となし、十分を以って下と為す。
その故は、五分は励みを生じ、七分は怠りを生じ、十分は驕りをするが故。
たとえ戦に十分の勝を得るとも、驕りを生ずれば次には必ず敗るるものなり。
すべて戦に限らず世の中のことこの心がけ肝要なり。」 



どうです!さすがは信玄公。
心に響く名言です038.gif

034.gif「人間、調子がいいからといってエエ気になったらアカンよ。」

と、戒めている訳ですわね。

しかし、
「100%になったからといって驕らないようにする」のも難しいですが
「100%でなくてもいい」と言われて甘えないようにするのも、これまた難しい。

人間、弱い生き物ですから。




c0077697_1505242.jpgc0077697_151949.jpg


池泉回遊式庭園といわれる様式。
京都の天竜寺、西芳寺(苔寺)と並ぶ夢窓国師の代表作なのだそうです。

c0077697_1616324.jpg
c0077697_1616473.jpg



c0077697_1525545.jpg
この渡り廊下を左に行くと
歩くと音がする“うぐいす廊下”に行きます。


“うぐいす廊下”を歩いてみましょう。

c0077697_15492464.jpg



人が上を歩くときしみ音がするように板をはった“うぐいす張り”で出来ているのですね。
確か二条城にもありますね。
調べた所、知恩院の方が有名だそうで、二条城と同時期に徳川家康の寄進を多く受けて
造られていますので、同じ職人さん達の手によるものかも、といわれています。

奥へ更にまわると

c0077697_1643833.jpg
信玄公の墓所があります。
武田家家臣の墓約七十基もこの後陣に控えています。


こちらには「柳沢吉保公墓所」もあるのです。
柳沢吉保、というと、忠臣蔵に出てくる人のイメージが強くて、コチラの土地と繋がりませんが
甲府城主でらしたのですね。

c0077697_1614918.jpg
見事な大木。

見ているこちらも背筋がのびる気がします。



c0077697_1701556.jpg
コチラのお寺は
信玄公の菩提寺としてだけでなく
快川国師が織田勢に焼き討ちに合い

「心頭滅却すれば
火も自ずから涼し」


と詠んだ三門があります。

門脇にはその言葉が刻まれた
札が掛けられています。



この辺りにあるから・・・という軽い気持ちで立ち寄ったお寺でしたが
非常に見応えのある所でした。

また、この日は結構寒かったのですけれども、空気がキモチよかったなぁ001.gif
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-01-20 14:08 | 2008年11/7~9 山梨の旅