Make A Trip! trip1544.exblog.jp

旅の思い出あれこれたっくさん!


by viggo_yoyo_1544
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2009年8/22(sat) 1日目 「アリストン インポータンネ リゾート」お夕食編

機内食を食べているので、夕食といってもそんなに食べられない。

でも、食べないで過ごせるほど満腹な訳でもない。

ここはヨーロッパ。夜は長うございます009.gif

ホテルに着くまでのバスの中でTさんから

064.gif「ホテルのレストランはバイキング形式です。
1人¥4000くらい。
それじゃない方が・・・という方は、(ちょうど通りかかったレストランを指差し)この辺りにレストランがあります。」

008.gifバイキングなんて食べられないよ~。
でも、この辺りってったって、地元のレストランはホテルから遠そうねぇ・・・・・009.gif

c0077697_1402786.jpg
先程のシーサイドバーは
飲み物オンリー。
軽食程度も置いていないので
困ったわぁ~・・・008.gif



とかなんとか言っている内に・・・

c0077697_23542438.jpg
チェックインと“お部屋チェック”をしている間に日没時間となったのですね。

とってもとっても美しかった・・・・・!

あっという間に太陽は058.gif島影の中に隠れてしまいました。






c0077697_1451550.jpg
・・・・・っと歩いたものの、
リゾートホテル同士が集まっている地域。
ホテルとホテルの間も遠い。



バスの中から“最寄のバス停”を案内してもらった時に、やば~い感じはしていましたが

c0077697_1351393.gif
ほーーーんまになんにもないトコや。


さっきバスの中で見たレストランは、どうもやっぱり歩いて行くには結構遠そう008.gif

隣りのホテルも頑張ってちょっと歩いて中に入ってみましたが
ど~も「レストラン」というと自分ちと同じような雰囲気013.gif

ウロウロ慣れない道を歩いている間にとっぷり日は暮れて真っ暗!

c0077697_1393644.jpg
016.gif「あっ、遊覧船!きれ~い!」


そんなコト言ってる場合じゃなくてさ~。
ゴハン、どうすんの、ゴハン。

今から旧市街の方へ出て行く気にはさすがになれないし、
025.gifしょうがない、ホテルのバイキングにしましょう、という事に。

ホテルのレストランに行くと、品数はあるけれども、な~んかあんまりおいしくなさそ~な料理。

美味しそうなものなら、バイキングであまり食べられなくても、¥4000払っても惜しくないけれど
こりゃ~なぁ~・・・・・008.gifみたいな料理なんですよね~・・・・・・。

しかし、店もない訳で入った限りはせっかくだ、海辺側のテラスに陣取って、ビールを注文068.gif

c0077697_23462539.jpgクロアチアを代表するビール
“オジュイスコ”です。

この先、よく登場します003.gif

サッカーチームのスポンサーもしているとか。

味は、特に個性はありませんが
飲みやすく美味しいビールです。


c0077697_23503519.jpg
まずは無事到着
「かんぱ~~~い!」


さあ料理を取りに行こうか、としたその時でした。

056.gif「いかがですか~?ちゃんと召し上がられてます?」

添乗員のTさんが。
今の今まで、全員の部屋回りとトラブル解消に務めていたんだとか。

002.gif「バイキングほども食べられないんですけれど、他にお店もないので。」

というと

056.gif「この下に一品料理のレストランがあるそうなんですよ。」

005.gifええええええーーーーー!そうなのっ?!

どうやら、Tさんもホテルに来てから知ったよう。
だってバスではそんなコト、言ってなかったもんね。

006.gif「ちょっと待っていて下さいネ。」

マネージャーらしき女性を捕まえて、何やら交渉中。

056.gif「やはり、この下にもう1つレストランがあるそうです。
このまま、このビールを持って下へ行かれますか?」

この時、Tさんが救世主032.gifに見えましたわ・・・・・・!

035.gif035.gifええもうそりゃあ是非ともそうしたいっ!お願いします!

かくしてTさんと一緒に下のレストランに案内してもらえる事に!

でもさっき結構色んな所を歩いたハズなのに・・・・・。
どうして気がつかなかったのかしら015.gif

ここでもう一度さっきのホテルを撮った写真を見てみましょう。

c0077697_012212.jpg
私達が今いてる“バイキング料理のレストラン”は、上の方のテラス。

1品料理のレストランは、その下、写真だとちょっと裏になってしまっている所。
「このへん」と書かれている所に
もう1つ、海に面したテラスレストランがあったのです!038.gif


c0077697_0174061.gif
もっとちゃんと
看板とか
出しといてよーーー!


c0077697_0195889.jpg明るいときに見ても
この地味っぷり!

でもよく見ると看板が。

レストラン同士も中では行き来できるのですが
実に地味でようわからん雰囲気の所に
階段があったりするんだもん021.gif

商売っけ、ないわぁ。


c0077697_1544564.jpg
まぁでも、よかったよかった001.gif

今度はワインで「カンパイ!」

仕切りなおしです。


クロアチアはワインの生産が盛んで(ドマチなものもあるそうで)美味しい所だ、
とガイドブックなどにも書いてありますが
赤はともかく、白は、酒呑みの夫婦の私達にはあっさりしすぎでした。

国民の消費量も非常に高く、昼間っぱらからでも飲むので
特に赤ワインは“水で割ってのむ”という“ベヴァンダ”という飲み物もあるくらい。

「最初、この白もそうしているのかしら?」と思ったくらい、白ワインは“水っぽい感じ”でした。

あとで“酒豪のTさん”も同じ事をおっしゃっていました。

079.gif「ひろんちゃんご夫婦には、物足りないと思います。」

酒呑みは酒呑みの事がよく解るのよね003.gif

c0077697_204271.jpgc0077697_20579.jpg


“ポルチーニ茸のリゾット”と“プロシュートの盛り合わせ”

そうそう!038.gif
これ位の品数で軽くイッパイ飲みたかったのよね!

それに、コチラのレストランは美味しかったです。

デュオグループの生演奏つき。
ちょっと音量が大きくて、というか、すぐ近くの席だったので
うるさかったのですが017.gif


Tさんは

056.gif「外食の物価、高いですから・・・。」

とおっしゃってましたが、この時の料金が二人で¥6000弱でしたか。
まぁ、日本でもこんな感じでしょう。
飲んでますしね。

ヘンそうなバイキング料理で高い料金を払わなくてすんでよかった。
料理も雰囲気もいい所で、落ち着いて真っ暗とはいえ、海を見ながら食事が出来ました。

明日からはいよいよクロアチア観光!

c0077697_283356.gif
おやすみなさーーい!


やっぱりでも時差ボケ。
夜中の2時に目が覚めて、それから1時間ごとに目が覚めた。
ひろんちゃんも同じだったんですって025.gif
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-09-11 09:43 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅