Make A Trip! trip1544.exblog.jp

旅の思い出あれこれたっくさん!


by viggo_yoyo_1544
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2009年8/24(mon) 3日目 まだまだ紺碧のアドリア海を堪能しよう!

かつては「ユーゴスラビア」として1つの国だった“クロアチア”と“ボスニア・ヘルツェゴビナ”。
国を分割する時にどのような都合でそうなったのかは解りませんが

c0077697_13412871.jpg
赤い丸部分
ボスニア・ヘルツェゴビナ領となっています。


ほんの僅かですが飛び地になっているのですね。
勿論、ちゃんと国境のゲートがあり、審査を受けなくてはいけません。

でも、団体ツアー客、しかも日本のツアー客だと1人1人審査を受ける必要はありません。

添乗員Tさん曰く。

056.gif「日本のパスポートというのは世界中のどの国のパスポートよりも強いし信頼が高いのです。
私、これから先、どこの国の人と結婚しても、この日本のパスポートだけは手放したくない、と思っています。
・・・・・・そんな事ばかり思って、このトシまできてしまいましたが007.gif

一同・爆!041.gif041.gif041.gif041.gif041.gif

い・・いや、これは失礼いたしました。
Tさんにしたらば笑い事じゃないです。

それは思い当たる事があります。
昨年、アイスランドに行ったときにヘルシンキの税関で同じアジア系の方が
そりゃあ厳しくしつこく色々と1人1人尋ねられていて、最初、日本人かもと思っていたので

002.gif「自分の時もあんなに色々言われたらイヤだわー。」

っと思っていたらば、ほぼ“顔パス”でした。
厳しく尋ねられていたのは、中国の方達だったのです。

やはりTさんも同じ事を言われていました。

056.gif「これが中国人とかですと、もうそりゃあ厳しいんですよ。」

自分の国が信頼度高いって誇らしいですよね。

という訳で、なんと束の間ボスニア・ヘルツェゴビナにも入国しました。





c0077697_147163.jpg
ここは“ネウム”という町。
コチラは下がスーパーになっています。

他の方の旅行記を見ても、お店はまちまちですが
必ずこのネウムでの「トイレ休憩とショッピング」です003.gif
そうそう、給油したって書いてらっしゃるかたもいたわ~。


その訳は、物価が安いから、なんです。

056.gif「クロアチアよりも物価が安いので、お水やお土産を買われるのでしたらばどうぞ。
但し、底値ではないです。」

なるほど、チョコレートやお水、ワインなどちょっとずつ安い。
ですので、クロアチアからわざわざ国境を越えて買い物に来る方もいらっしゃるとか。
それにこの国では「ユーロ」が使えます。

ちなみに、クロアチアの通貨は「クーナ」。
それ以外は使えません。
2009年8月現在で、約19円弱と言われていました。
10月現在、カードの支払い請求での換算レートが来たので見てみましたが同じでした。
ですので、1クーナ=20円で計算していました。
クーナにあまり両替しすぎると後で困るので、ユーロが使える所ではユーロを使っておく事に。
ここでは当然、ユーロを使いました。

ここであまり買い込むこともない、と思っていたので、当面必要なお水、
それから今晩飲む「クロアチア産のワイン」を買いました。

さあ、また走ります!

c0077697_15114762.jpg
またすぐにボスニア・ヘルツェゴビナの国境を通って
クロアチアに戻ります。

アドリア海沿いには大小いくつもの島々があり
その中でも特に屈指のリゾート地として名高いのが
“フヴァル島”です。


ここは本当に素晴らしい所なんだそうで

056.gif「次にクロアチアにいらっしゃる時は是非、来て下さい。」

と、先週はフヴァル島の添乗だったTさん。
うらやましいーーー!
ちなみにこの写真の島は、フヴァル島かどうかは覚えていません040.gifすまーーーん!

c0077697_15195034.jpg
田園地帯。
あまりにも海ばっかり見ていて
“目ェが青!”
でしたので、新鮮です。


c0077697_15213949.jpg
“バチナ湖”

途中の山の上から眺めました。
湖群になっています。
本当に本当に美しい湖!


またクリップも観たってか(25秒)
「白鳥の湖」“ワルツ”にのせてお楽しみ下さい。



012.gif今思い返しても、海も湖も美しすぎ!だわ~・・・・・・。

c0077697_15455572.jpg
この浅瀬の美しい色は
石灰分が多いためなんだそうです。

海も浅瀬の色が本当に綺麗でした。



c0077697_15484183.jpg

c0077697_15485720.jpg

c0077697_15492042.jpg

c0077697_15493921.jpg

c0077697_15495368.jpg

c0077697_15501379.jpg


ご堪能いただけましたか~?

c0077697_15513450.jpg
スプリットまでもう少し。
その前に再度、トイレ休憩です。

外国ではトイレにお金がかかる場合が多いので
無料のトイレをリサーチして確保するのが
ひと仕事、といった感じでした。

そして、年配の方が多いため
回数も多かった。
しょっちゅう、「トイレに行っとけ034.gif
と言われたツアーでした(爆)


c0077697_15544046.jpg

c0077697_15545874.jpg

c0077697_15551784.jpg


ドブロヴニクからスプリットまでは約212km、と旅行社にもらった日程表に書いてありましたので

001.gif「まぁ大体3時間もあったら着くんじゃないの。」

な~んて思っていたのに

c0077697_15571969.gif
とんでもないわ!


な~んとまぁ、5時間近くかかりました!
休憩などをとったにせよ、です。

これは私達だけじゃなく、皆さん、あまりの時間のかかりようにビックリされていました。
自分で運転される方は感覚として解るので、特にそう思われていたようです。

まだまだ高速道路が全面開通していないクロアチア。
特に南の方は地道。しかも対面通行。
最初にカメのようなオランダ人の車が先頭だったこともたたりました022.gif
普段「長距離なら高速道路」に慣れている我々の読みも甘かったのですね。

c0077697_165929.jpg
そんなこんなでようやくスプリットの街が見えてきました。


c0077697_1665127.jpg
観光地となっている街の外は
このような新しい建物が建っています。

けれどもこれはまだ独立する前に
建てられたマンションなんだそう。


c0077697_1694769.jpg
この時ですでにお昼の1時半ごろ。

056.gif「先に食事にいたしましょうね。」

そりゃ、そうでしょうとも011.gif

[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2009-11-03 19:44 | 2009年8/22~30 クロアチアの旅