Make A Trip! trip1544.exblog.jp

旅の思い出あれこれたっくさん!


by viggo_yoyo_1544
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2008年5/31(sat)「SKOVBO」写真展 その1

c0077697_16111179.jpg
さてさて、私達が訳の解らないままに
免税手続きをしていたインフォメーションの窓から
写真美術館がもう見えるのです。

14時までは小1時間ほどありますが
ひとまず会場に行ってみましょう、と
行きますと、やっぱり思ったとおり
もうすでにお並びの列が!



c0077697_16182340.jpg先頭にはこの写真のポスターが飾られていて
この列が「Viggoの写真展に行く人の列」
というのはひと目で解りました。


写真美術館、と言っても、どこか見覚えがあるような造り。

003.gif「あ!ウチの近所の市民センターに似てるんやわ!」

ふぃっと上を見上げると、日本のマンガ本らしきものがたくさん本棚に入っており
どれもどうも貸し出してくれるような気配。
図書館がある模様。

児童館みたいな部屋もあるらしく、この日はどうやら「子供向けのイベント」があるようで
ベビーカーを押した子供連れのファミリーがたくさんやってきました。
その方達は私達の行列を見て一様に少々びっくりされていましたね037.gif

「今日、ココで、なんかありますのん?」

と、尋ねてらっしゃるっぽい方達も(爆)

貸会議室のような所もあるようで、他にもイベントがあり、そのチラシもおいてありました。

ほんと、市民センターです。
とっても庶民的な所。

025.gif「う~ん、でも、どうしますかぁ?」

そりゃ、さっさと並んでないとアカンやろ。

しかし“典型的関西人”の私は、この“行列”というのが苦手で・・・・・。
けれども並ぶ事にした訳です。
これは「レイキャビークだから」です。
パリとかミラノとか・・・・・街にお店がいっぱいある所なら、きっともっと遊んでからにした、と思います037.gif

メインの行事であるというのに、かような心構えでして
ここに「懺悔032.gif」と共に「告白029.gif」いたしますが
私は今回の写真展
「Viggoに接する」という事に関しては、はっきり申しましてあまり期待しておりませんでした。

昨年パリでカスリもしなかったせいもありますし
写真展に運よくViggoが来ても

ちょっと挨拶して2~30分その辺にいらしてあとは退場。

後に残った私達は、めいめい好き勝手に写真を見て帰る。


という流れだろう、と思っていたのです。

最悪、ドタキャンも十分覚悟しておりました。

けれども「ひと目」お姿拝見出来ればそれで充分。
ゆっくり写真を堪能しましょう、と思っていました。

ですので、始まる少し前に警備員さんがやって来られて

「サイン会は15時からです。」

と告げられた時も「ああ・・・とにかくViggoは来てるんだなぁ・・・・・。」と思いましたが
驚くとか喜ぶとかじゃなくって全然ピンと来ないというのか。
心構えが出来ない、というのか。

とっさに思ったのは

「私“SKOVBO”持ってないわ・・・!」と。

写真展の題名が「SKOVBO」ですもの、この本にしかサインしないのではないかと思ったのです。

015.gif「売店・・・あるかしらん。」

見ろ。
074.gifナメてかかっていたので、この様に慌てる羽目になるのです(爆)

写真展はどうやら6階で行われているとの事。
時間が来たのので、皆でゾロゾロと狭いらせん状の階段を上って行きました。





売店、ありました!
中にはViggoの写真集が色々と売られており、もちろん「SKOVBO」も。

早速買い求めて
「ポストカードやポスターがあったら買ってきて下さい。」と頼まれておりましたので、他を見てみます。

けれどもそういう類はココでは売られていませんでした。
後に伺ったところによると、ポスターは1階にどうも売られていたようです。

「SKOVBO」を手に外に出ますと

c0077697_1659869.jpg
一般入場者が入る1時間前は

招待客のみの入場だったらしく
その名残なのかしらん、
このような飲み物のサービスが。

「何かしら?」みたいな顔をしていると
係りのおばさまが

「こっちがスプライト。こっちがシャンパンよ。」

と勧めてくれました。

「そうか・・・それなら・・・・・

シャンパン、やな。」



飲むなよ・・・・・・。

Viggoに会う前に
酒なんか飲むなよ!


040.gifごめーん!
だって~。私「甘い系の飲み物」って苦手なんですもーん046.gif

ま、シャンパンもちょっと甘めだったんですが・・・・・・。

シャンパンを持ち、いよいよ中に入るべく扉をくぐります。

ちょっと覗くと、ほんの少しの人だかりがあり、テレビ局のカメラが入っていて、煌々とライトが。

016.gif「わ!Viggoがもしかしてあの中に?」

と、思った次の瞬間でした。

さぁっと私の隣をすり抜けていく男性が。

Viggo
でした・・・・・!!!!!


この時丁度小鞠ちゃんは私の少し後ろにいらしてたそうで

「かづちゃん!!!!!

かづちゃんの隣にViggoがーーーーー!!!!!」


と、叫んでらしたそうです(もちろん、心の中で、ですが041.gif

気づいた私だって、ビックリです!
ええもうそりゃあ、しばらく言葉が出てきませんでした。

私は今回を含めて「生Viggo」は2回目です。
けれども1回目は成田でわずか数十秒、私の前を風のように通り過ぎて行っただけでした。
当時私は座らされておりましたので、全体的なViggoの印象は
「見上げた角度」からの印象であり、「あんまり大柄な人ではない」と聞いていたものの
そのときはやはり「すらりと“背の高い人”」という感じでした。

けれども、本当に至近距離で隣をすり抜けて行ったViggoは
すらりもすらり、まるで青年のような体つき。
華奢で本当に大柄な人ではありませんでした。

053.gif「ヴィッ・・・・・Viggoでしたね・・・・・・・。」
053.gif「ヴィッ・・・・・Viggoでした・・・・・・。」

2人でアタリマエの事を。

この時、なんでViggoの後を追っかけなかったんでしょうね。

もう咄嗟の判断も行動も出来なかったのですワ。

とにかく会場をひと回りしましょう、と早足でぐるりと回っていたのですが・・・・・・。

突然、私の心の中にムクムクと

「アカン・・・
こんなノンキな事してる場合やない・・・・・・」


ずっと本当に呑気に構えていただけに、しばらくして途端にスイッチが入ったのかもしれません。

残っていたまだかなり量のあるシャンパンをイッキに「かーーーっ!」と飲み干すと
小鞠ちゃんに「行きましょう!」と。

小鞠ちゃんは私のその姿に相当ビックリし、また大いにアキレられ(激爆)たそうで
そのときも「か・・・かづちゃん・・・・・。イッキ飲み、なさいましたね・・・・・。」とおっしゃっていましたが
後々までもその事が印象に残っていらっしゃるようで、私は赤面するばかりです003.gif

でも!
Viggoが今ここに居てるんですもの!
Viggoの姿を探さなくちゃ!
[PR]
by viggo_yoyo_1544 | 2008-06-30 16:30 | 2008年5/29~6/3アイスランド